2013年07月18日

ピーチ井上慎一CEO、「カワイイでアジアへ」…内藤ルネ・GirlsAwardとのコラボ発表





LCCのピーチ・アビエーションは7月10日、「ルーツ of Kawaii」と呼ばれるデザイナー・イラストレーターなどとして活躍した故・内藤ルネ氏とのコラボイベントを開催する。[関連写真]またあわせて同社は国内最大級ファッション・音楽イベント「GirlsAward」とのコラボについても発表した。10月27日から就航する関西〜東京線へ向けたブランドプロモーションの第一弾という。

今回、ピーチとコラボを組む内藤ルネ氏は、1950〜1960年代に当時人気のファッション誌「ジュニアそれいゆ」の表紙・挿絵を担当し一世を風靡したイラストレーター。

ピーチはこの内藤ルネ氏とのコラボについて「キャラクターイメージ、ビジュアルカラー、ライフスタイルなどがピーチの『Cute & Cool』というブランド共通点と重なり、ユーザ・ターゲットも近いことから、国内線・国際線のあらゆるシーンに登場する予定」と話す。今夏から配布される機内誌の表紙にもルネが採用されている。

また、GirlsAwardへの参加について同社は「『アジアの懸け橋』を目指すピーチは、GirlsAwardのターゲット層と重なる」という。

「ピーチはジャパン・クオリティ、ジャパン・オリジナルにこだわっている。『ルネ』は、アジアにおける日本の『カワイイ文化』の元祖。年齢を問わず普遍的なかわいさで親しまれている。『GirlsAward』はアジアでも指折りのファッションと音楽のイベント。今回のコラボを通じて日本のみならずアジアへ日本文化と元気を届けたい」と同社CEO・井上慎一氏。

8月からは「ルネ」キャラクターの客室乗務員イラストが描かれた機体が3機登場。渋谷ヒカリエでは7月22日まで「ルーツof Kawaii『内藤ルネデビュー60周年』in Hikarie」(17〜20時、入場無料)が開催されている。

《レスポンス 大野雅人》








posted by 最新ニュース屋 at 15:32| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アレクサ・チャン、ブリトニーの丸刈りを例に失恋後の女子にアドバイス





アレクサ・チャンが失恋した後には髪型を変えないようにと女の子達にアドバイスしている。つらい別れを経験した直後は「心が弱っている」ために、ヘアスタイルを変えるような大事な決定をできる精神状態ではなく、衝動的に変えてしまって後から後悔する羽目にならないようにとアレクサは語っている。【写真】アレクサ・チャン/フォトギャラリー「髪って女の子の感情にとってもリンクしているって思うの。それで失恋した後ってちょっと過激な行動に出ちゃう傾向があるのよね。でも私からのアドバイスとしては、失恋の痛手に苦しんでいたり、ちょうど彼と別れたところっていうときには髪をいじるもんじゃないわ。女の子って失恋すると決まって最初に髪型を変えるものだけど、心が弱っているときそんな大事な決定をしちゃダメよ。失敗したらまた髪が伸びるまでに4年はかかっちゃうわよ」「前髪も切っちゃダメ。染めるのもダメ。絶対後悔するに決まってるんだから!」。

友人の髪の毛の状態を見ただけでその人が「悲しんでいる」かが分かるというアレクサは、ブリトニー・スピアーズが2007年に元夫のケヴィン・フェダーラインと別れた際に、頭を丸刈りにした例を失恋後のヘアカットの大失敗例として引き合いに出している。アレクサはスタイリスト誌に「私の友達が失恋したときには彼女達が悲しんでるってすぐに分かるわ。だって髪の毛がボサボサになるんですもの。ブリトニー・スピアーズが失恋したときには丸刈りにしちゃったでしょ。あれは極端な例だけど。気分が落ち込んでるときには、何があっても髪型を変えちゃダメってことをよく覚えておいて」と書いている。

(C) Getty Images








posted by 最新ニュース屋 at 15:31| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DISH//、ファンイベントでメンバーの素顔公開&熱狂のライブ披露





7月13日、東京・原宿クエストホールでDISH//ファンイベント「オールスラッシャー感謝祭」'13 夏 一回表が行われた。

凄い暑さを記録したこの日。会場である原宿クエストホールには開場前から長い列ができ、DISH//人気の高さを伺わせた。また、天井から吊らされたバルーンやカラフルなセットなど、ステージや会場内の飾りつけも非常に凝っており、訪れたファンは口々に「可愛い」と感想を述べていた。

開演前からファンの熱気が高まる中、時間となりメンバーが登場。何とメンバーは着ぐるみを着用、しかも5体・・・と言う事は1人は誰?と観客の歓声と疑問の声の中、着ぐるみを脱ぐと1人はスターダストのアベイベーさんだった事が判明。登場からファンを楽しませる彼らのサービス精神が現れていた。

「着ぐるみ着てる人は凄い!」とそれぞれ着ぐるみの感想を口にしながら、着ぐるみを脱ぎ、この日のモチーフであるアロハの衣装を見せる。公演前半は、6月19日に発売された彼らのメジャーシングル『I Can Hear』のリリース記念イベントの裏側を収めたVTRを公開。イベント直前の4人や、ホテルでの素顔など、普段は見られないメンバーの一挙手一投足に観客は歓喜の声やツッコミをいれていた。特にアスナル金山のイベント直前のTAKUMIの形容しがたい表情や、本邦初公開となったTo-iのおでこなど、メンバー間でも盛り上がりを見せたVTRコーナーであった。

その後、楽屋招待が当たるダーツによる大抽選会が催された後、この日のイベントを締めようとするメンバー。何と4人は実は今日ライブがあることを知らなくて、衣装や楽器を持ってきていなかった!これから事務所に取りに行かなければ!というMCの後、急いで事務所に向かうメンバーのVTRが挟まれ・・・という紆余曲折(?)の末、第2部が開始。スモークの中、野球の衣装に身を包んだ4人が登場、1曲目はメジャーデビューシングルのカップリング『TENKOUSEI』。To-iの「立て!」の言葉を合図に観客は全員立ち上がり、熱狂の渦へ。その後もタオルを振り回す『東京VIVERATON』や巨大バルーンが客席に登場した『It’s alright』、MASAKIが空から降りてきたタンバリンを手にして曲がスタートする『ラブソングなんて似合わない』など、見ている者を飽きさせない様々な演出や、彼らの前のめりな表現は、DISH//のライブでの底力を見せ付けられた気がした。

全13曲、持ち曲を全て出し、まさに全力を尽くしたライブを見せてくれた彼ら。最後はDISH//として武道館へ立ちたいという熱い想いを口にし、支えてくれるファンへ感謝の気持ちを述べ、『I Can Hear』を披露し第1部のライブは終了した。武道館と言う夢が現実にまた一歩近づいた公演であった。








【関連記事】



posted by 最新ニュース屋 at 15:30| 最新ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ
ファン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。